トップページ > パーキンソン病への効果

パーキンソン病への効果

パーキンソン病は脳に関わる病気ですが、解決法が未だにないとても深刻な疾患です。
その病気に対して、水素が有益な効果をもたらすと言われています。

 

九州大学の研究により、パーキンソン病による神経細胞・神経線維の欠落の進行を防ぐ作用が水素にあるということが分かりました。
パーキンソン病の主な原因は活性酸素です。
脳内で活性酸素が多量に生み出されることで神経細胞が欠落してしまいます。
根本的な原因要素である活性酸素を無害化して除去する働きが水素にあるため、パーキンソン病に効果が期待されています。

 

水素は地球上でももっとも小さい分子量であるため、脳にも行き届く性質や、悪玉活性酸素を除去する性質から、このような病気への効果も生まれることが予測されます。
未だ研究段階でありますが、今後の実験にも注目が集まっています。