ネット上での転職をスムーズに進める

現在の転職は書類選考の段階まではほとんどネット上で済まされます。

ネットを使った転職の良い点/問題点/解決策を挙げています。

075628

◯双方の立場から見たネット転職の利点

ネットを使った転職の効率の良さを示すものとして、自分のキャリア/情報に対する企業とのやりとりの円滑さが挙げられます。

現在の転職サイトでは自分のキャリアに関する情報を細かく入力することが求められます。

もちろん自分から条件に合う企業を探すのもいいのですが、情報を多く掲載していればスカウトメールなどで企業から連絡が来やすくなります。

日中働いていて転職を考えている人に対しては、検索する時間が短縮されるなどのメリットがあります。

企業にとっても待っているだけでなく自分から獲得に動けるのが利点です。

この制度によってお互いの負担の軽減になっているといえます。

なので今後転職を考えている方は転職サイトの便利な機能を使って負担が軽減された転職活動をしましょう。

◯企業から見た転職活動の問題点

現在の転職活動で課題に挙げられていることは「転職費用の高騰」です。

求人の応募をかける企業が転職サイトに支払う料金が高くなり続けています。

人一人を雇うにしても転職が完了するまでに100万円程度払わなければなりません。

そのためそれだけの費用を払ってしまった企業が人件費を安くしたいと考えるのは無理はありません。

そうなると更に社員が離職してまた高い転職費用を払って人を雇わなければならない、という事態に陥る企業がいくつもあります。

それに対して転職サイトもその費用を極力抑える/契約が成立した時のみに払う出来高制にする/時間を区切らないで長期間募集広告を出せるようにする、などの対策を出しています。

企業からしたらどうすれば費用をかけずに優秀な人材を獲得するかがポイントになっています。

000421

◯企業側が転職をスムーズに進めるには

このような問題に精通していて対処してくれるのが求人広告代理店です。

求人広告代理店にあるのは、どの媒体にどのような広告を出すのが効果的なのかというノウハウです。

それによって、高い費用を払い求人広告を出したのに応募が少ない/望む人が来ないといった事態を避ける事が出来ます。

企業の予算/募集する職種/いつまでに入社させたいか/人材に望む条件などを、ただ単に出すのではなく効果的な形にして募集をかけられます。

また媒体の研究も進んでおり、その専門性を分析して出稿に適した媒体を探し出してくれます。

企業がある程度望む条件を絞り込んだ上で、求人広告代理店に依頼をするのが最も賢明な方法であるといえます。